トップページ 商品一覧 DNAストラップ

DNAストラップ

商品説明

塩基の組み合わせと、2重らせんのDNA分子構造を忠実に再現したビーズストラップ。

UVビーズはDNAを壊す紫外線が当たると色が変わって教えてくれます。

UVをこまめにチェックして紫外線からDNAを守りましょう!

準備するもの

  • ハサミ
科学のマメ知識

DNAとは?

「生命の設計図」と呼ばれる遺伝子情報を含んだ物質で、デオキシリボ核酸の略語です。

4つの塩基の並び方で生き物の設計図が決まります。

ヒトの場合、まぶたの形や目の色、性格の3分の2などが遺伝子によって決まると言われています。

4つの塩基の並び方で生き物の設計図が決まる

DNAは細胞の核の中に小さく小さく折りたたまれて入っています。

ヒトのDNAの長さは太陽と地球を250回往復できるほどの長さ!

微生物であるアメーバや植物であるイネの遺伝子はそれよりもっと長いんです。

ヒトのDNAの長さは太陽と地球を250回往復できる
微生物であるアメーバや植物であるイネの遺伝子は人よりもっと長い。

全ての生き物はDNAを持っていて、人間と同じように「A」「T」「G」「C」の4つの塩基で出来ています。だから、DNAはすべての生物の共通言語と言われています。

人間では、全く同じDNAを持つ人は一卵性の双子だけですが、ヒトとヒトのDNAは99.9%同じなので、残りの0.1%で顔や性格の個性を出しているということになります。

全ての生き物はDNAを持っており、人と同じように「A」「T」「G」「C」の4つの塩基で出来ている。

DNAを壊すUV(紫外線)

私たちはいつもDNAが壊される危険にさらされています。

紫外線A波は真皮のような皮膚の深い層まで到達してコラーゲンやエラスチンを変性させてしわやたるみのもとになり、紫外線B波はDNAを傷つけたり、炎症を起こすので皮膚がんやシミのもとになります。

どちらの波長を浴びても日焼けをしますが、その原因は紫外線から皮膚を守ろうとするメラノサイトがメラニンという黒い色素を出すのが原因です。

人はいつもDNAが壊される危険にさらされている。

日焼け止めのPA+++というのはA波を防ぐ強さ、SPF50というのはB波を防ぐ強さを示しています。

紫外線は骨や歯の形成に必要なビタミンDを作ることもできるので、私たちにとって敵ではないのですが、DNAやお肌を守るためにはあまり当たらないほうがいいんです。

DNAストラップについてるUVビーズはUV(紫外線)があたると色が変わるので、紫外線チェッカーとしてご活用ください!