研究室・教員

安全技術講座

  • 高瀬 和之 教授
    原子炉伝熱流動・安全技術研究室
    takase@vos.nagaokaut.ac.jp
    放射性廃棄物長期保管容器内水素濃度低減実験に用いる模擬容器と制御装置

    当研究室は、原子炉内の複雑な熱と流れの現象を明らかにする研究を行っています。現在、世界中で稼働している発電用原子炉は水を使って燃料棒を冷却する軽水炉で、沸騰水型と加圧水型の2種類あります。特に沸騰水型では、水が沸騰して蒸気になる過程でたくさんの気泡が発生します。したがって、気泡の挙動を正確に把握することが軽水炉の安全性向上に重要であり、そのために水と気泡が混ざり合った二相流を対象に実験やシミュレーションを行っています。また、福島第一原子力発電所の廃炉に伴い、取り出した燃料デブリなどを長期保管する際に容器内に発生する水素の燃焼、爆発を予防することが必要であり、そのための安全技術開発として水素濃度を低減させる研究も行っています。

    キーワード 熱流動、水素安全制御、シミュレーション

  • 鈴木 達也 教授
    放射化学研究室
    tasuzuki@vos.nagaokaut.ac.jp
    微量元素分析や同位体比測定で用いる誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP-MS)

    我々の研究室で行っている研究は、大きく二つに分類されます。一つは、核種分離に係わる研究です。核種分離は、使用済み燃料の再処理技術や分析技術に応用できるものです。再処理技術に関しては、核変換技術と組み合わせ原子力利用で発生する放射性廃棄物の低減化や使用済み燃料中に含まれる希少物質の資源化を目指した新しい手法を提案しています。もう一つは、同位体分離に関する研究です。原子力や量子工学分野では、元素レベルではなく同位体レベルでの物質利用が必要とされており、そのためには同位体を濃縮したり、分離したりすることが求められております。我々は同位体の質量差や核体積の違いに起因する化学的差異の発現を研究すると共に実際の分離への応用を行っています。

    キーワード 核・放射化学、核種分離、同位体科学

  • 菊池 崇志 准教授
    プラズマ力学研究室
    tkikuchi@vos.nagaokaut.ac.jp

    次世代のエネルギー源として期待される核融合による発電システムの実現を目指し、核融合プラズマを模擬した高エネルギー密度プラズマの発生・物性の計測、粒子ビームと核融合材料の相互作用、核融合システムの設計や社会的受容性について、また、大電流荷電粒子ビームの物理工学およびその放射線応用(化学物質分解、水棲微生物への影響、核融合)について、理論・数値シミュレーションや実験を通して研究を進めています。

    キーワード 核融合、粒子ビーム、プラズマ
    Webサイト http://fusion.nagaokaut.ac.jp/

  • 鈴木 常生 准教授
    加速器応用・新材料設計研究室
    suzuki@vos.nagaokaut.ac.jp

    静電加速器を使った応用研究と、新材料を合成すると言う2本の柱の研究室です。前者は、ラザフォード後方散乱分光法と言い、Heイオンビームを使って固体試料の組成を高精度に分析する技術を研究しています。後者は、パルスレーザー堆積法と言う薄膜作製技術を使って、これまでに無かった新しい物質を作り出す研究です。主に遷移金属窒化物が対象材料で、量子化学・固体物理による材料設計を行い、硬質材料や強相関電子系材料に分類される新物質を合成し、それらの物性や機械的性質を評価する研究を進めています。後者の研究材料の組成分析は静電加速器で行う、前者の分析標準試料を後者で作製する等、2本の柱は互いに深く関わっています。

    キーワード 静電加速器、新物質合成、硬質薄膜、強相関電子系材料
    Webサイト https://etigo.nagaokaut.ac.jp/

  • 松本 義伸 助教
    放射化学研究室
    matumoto@vos.nagaokaut.ac.jp

    キーワード

  • 立花 優 助教
    放射化学研究室
    yu_tachibana@vos.nagaokaut.ac.jp

    キーワード

安全マネジメント講座

  • 杉本 光隆 教授
    地盤工学研究室
    sugimo@vos.nagaokaut.ac.jp
    コピーカッター長さの地盤反力への影響の計算例

    一般に,地下構造物を建設するための技術的課題は,①地盤を掘削する技術,②掘削した地盤を支える技術,③施工中や施工後の構造物と地盤の相互作用を評価する技術に分類できます.当研究室では,主として,都市部にトンネルを構築するための主要な工法であるシールド工法,推進工法を対象として,①掘削機械:制御方法や挙動シミュレーション手法の開発,止水性確保のための要素技術の開発,②トンネル覆工:解析条件や解析法の開発,③構造物と地盤の相互作用:トンネル掘削による地表面や周辺地盤への影響解析法の開発等を,要素実験,模型実験,現場計測,数値解析等によって,行っています.

    キーワード 都市地下空間,シールド工法,推進工法,TBMシミュレーション,覆工,影響評価
    Webサイト https://geotech1.nagaokaut.ac.jp/

  • 村上 健太 准教授
    原子力材料・保全工学研究室
    murakami@vos.nagaokaut.ac.jp
    原子炉中の劣化挙動を顕微鏡内で模擬するその場観察装置

    物質モデリングとリスク評価を組み合わせて、既存の原子力システムの安全性向上に取り組んでいます。例えば、原子炉内の様々な構築物の劣化は、数ナノメートルの局所的元素濃縮に支配されます。これに対応するために、原子スケールの分析手法開発、劣化モデルの策定、安全マネジメント方法の提案などを包括的に研究します。また、劣化予測や検査技術の不確かさによって、構造物の破損リスクがどのように変化するかを解析します。様々な機関と共同研究しており、研究成果はすぐに現場に反映されていきます。問題解決に着目した研究課題ですから、過去の経験は活かせますが、専門性に縛られることはありません。実践力を培いたい方を待っています。

    キーワード その場観察、リスク情報活用
    Webサイト https://whs.nagaokaut.ac.jp/murakami/

先端エネルギー工学講座

  • 江 偉華 教授
    パルスパワー研究室
    jiang@nagaokaut.ac.jp
    パルスパワー発生装置ETIGO-IV

    本研究室では、パルス粒子ビームの発生と応用を研究しています。日本最大のパルスパワー発生装置ETIGO-IIや誘導型加速器ETIGO-III、及び高繰り返しパルスパワー発生装置ETIGO-IV等を用いて、大電力のパルス荷電粒子ビームを加速し、更にX線やマイクロ波に変換する研究開発を進めています。また、高エネルギー加速器研究機構と日本原子力研究開発機構との共同研究を通じて、次世代高エネルギー加速器の要素技術開発や粒子線の計測と評価技術の開発を行っています。

    キーワード 加速器、放射線、パルスパワー、粒子ビーム、プラズマ
    Webサイト https://etigo.nagaokaut.ac.jp/

  • 末松 久幸 教授
    高出力レーザー開発・応用工学研究室
    suematsu@etigo.nagaokaut.ac.jp
    パルス電子ビーム加速器応用、パルス細線放電、核分裂生成物挙動

    1)パルス電子ビーム加速器応用日本唯一のnsオーダーの相対論的大強度パルス電子ビーム発生装置を活用し、放射線下にある太陽系内衛星環境模擬のため、各種無機物への点欠陥導入による色中心生成と回復挙動の観察を行っています。
    2)パルス細線放電法による有機物被覆金属超微粒子開発 パルスパワーを利用し、μsオーダーでの蒸発とmsオーダーでの凝結による金属超微粒子作製技法と有機物被覆法を組み合わせ、他の方法で作製できないMg、Zr、Tiなどの金属超微粒子作製法の開発を行っています。
    3)核分裂生成物挙動 Cs化合物の合成とその熱力学的物性測定を行い、原子炉過酷事故時の放射性Csの放出挙動を予測する基礎データの習得を行っています。

    キーワード パルス電子ビーム加速器応用、パルス細線放電、核分裂生成物挙動
    Webサイト https://etigo.nagaokaut.ac.jp/suematsu/

  • 須貝 太一 助教
    パルスパワー研究室
    t_sugai@vos.nagaokaut.ac.jp

    キーワード

  • ドゥティ マイズン 助教
    高出力レーザー開発・応用工学研究室
    maidung@vos.nagaokaut.ac.jp

    キーワード

特任教員

© Copyright 原子力システム安全工学専攻 / Department of Nuclear System Safety Engineering